2020年1月6日月曜日

コミュニケーション・ツール


たすく長野教室の名取です。
皆様、明けましておめでとうございます。

長野教室は、4月に開室して、9ヶ月が過ぎました。
みなさん、毎回通ってきてくださり、療育、運動、さらに共創学習や家族会活動を続けてきました。
様々な場面で、お子様の成長の姿が見られます。

今回は、コミュニケーションについてのお話しをします。

学習するという言葉はよく使われている言葉です。
「学習=行動の変化」という定義があります。
日々の学びで、子どもたちの活動や行動によい変化が見られることは、とても嬉しいことです。
また、その変化が定着していくことで、力になっていきます。
般化=変化が確実に定着すること(反応般化)、別の場所でもできること(場面般化)が大切です。

 あるお子様のコミュニケーションについて、変化がみられ、それが定着してきました。
困った時、ただ泣いていたお子さんが、自分の気持ちを振り返られるようになってきたのです。

コミュニケーション・ブックを使い、今の気持ちをカードで示すように、置き換えていきました。
「泣く」「悲しい」と泣いている時に、カードで示しながら、相手に言葉で伝えるようになったのです。

まだまだ、「どうして泣いているの?」と言う問いかけに対して、相手に伝えるところまではいっていませんが、
まずは、自分が泣いているということを「言葉」に置き換えられるようになったこと。
これが、大きな一歩です。

これから、属性語も少しずつ学んで行きます。
 

それには、ツールを使って,相手との共通理解をしていくことが重要です。
コミュニケーションとは、両方向の意思疎通ですから。

たすくでは、アセスメントの結果から、そのお子さんがどんなツールや方法を使ってコミュニケーション力を高めていくか、カードに限らず、ご提案をさせていただいています。

それと同時に、「言語」についても、大切に考えています。
「言語=思考」です。言葉をどうやってあつかうか、言語をどう理解していくか、言語をどう表出しているか、音声、視覚、代替手段、様々なアプローチを、そのお子さんにあった形を考えていきます。

2020年も、お子さん一人一人に応じたツールや方法を、自ら活用できるように、
ご家族と一緒に一歩ずつとりくんでまいります。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!


TASUC(Total Approach Support Union for Challenged children and their families )は、
発達障がいのある子どもたち(チャレンジド)と家族のために、一貫性と継続性のある支援体制の構築に向けた課題への取り組みに寄り添う専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。

私たちは,1年に一度,ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメント を軸として,ともに未来に向けた療育プログラムを作成し,ご提案いたします。


お子様の困り感に寄り添い,一つひとつスモールステップを踏みながら,一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。





0 件のコメント:

コメントを投稿

コミュニケーション・ツール

たすく長野教室の名取です。 皆様、明けましておめでとうございます。 長野教室は、4月に開室して、9ヶ月が過ぎました。 みなさん、毎回通ってきてくださり、療育、運動、さらに共創学習や家族会活動を続けてきました。 様々な場面で、お子様の成長の姿が見られます。 ...